ホームページのすすめ

見出しの設定と分類分け | ホームページ論・活用術

見出しは他の<p>タグに入れるテキストよりも検索ロボットに対して強くアピールできると共に、文章構造を明確にするための重要な手段です。

ページタイトルに関しても同じことが言えますが、検索ロボットは見出しを見つけると、この後に続いているテキストは見出しの内容について説明してあるのだと理解してくれます。

例えば、

<h1>ホームページの作り方</h1>
<p>ホームページはhtml(ハイパー・テキスト・マークアップ・ランゲージ)を使って作成します。</p>

っというような書き方をすると「このページは、ホームページの作り方について書いてあるページなのだ」と理解してくれます。
このように文章構造を明確にすると、検索ロボットがキーワードに対してよりよく説明してあるホームページとして評価してくれます。

ここで勘違いしてはいけないのが、<h1>が強くアピールできるからと言ってひとつのページ内にいくつも<h1>タグを使ってしまうと文章構造がおかしくなるので、逆効果です。
<h1>はページタイトルとほぼ同等の意味をもっています。ページタイトルが1ページにいくつもつけられないのと同じように1ページ内に「<h1>がいくつもあるのはおかしな話」っということです。

 見出しタグは<h1>の他に<h2><h3>のように全部で6段階付けられます。これは、<h1>の中の項目1(<h2>)という分け方になります。

例えば、

<h1>ホームページの作り方</h1>
<p>ホームページはhtml(ハイパー・テキスト・マークアップ・ランゲージ)を使って作成します。</p>

<h2>ホームページ制作に欠かせないCSS</h2>
<p>CSSはレイアウトに関するタグを定義します。</p>

といった要領です。

これがもし、ホームページの作り方・CSSの作り方っというような異なったテーマになるようでしたらそれぞれの1ページ作る方が文章構造としては正解と言えるでしょう。

Author:hideo
Comments:0

hideo

Source Marine 代表
デザイン・コーディング・PHPアプリケーションまでこなす。
マルチデザインプログラマ

コメントを残す